浜茹での蟹は、身が細くなることもございませんし、海水の塩分と
カニのうまみが相応にマッチして、何もしなくても上品な毛ガニの
味をいっぱい楽しむ事が出来ると思われます。
コクのある松葉ガニもよく食べられている水ガニも、二つともズワ
イガニのオスだということです。かと言って、同然な甲羅のサイズ
でも松葉ガニの定価は高額に付けられているのに、水ガニは意外と
安い値段で入手できます。
姿はタラバガニと似通っている花咲ガニというのは、聊か小さい体
つきをしており、花咲ガニの身を口に入れると濃厚で海老のような
コクを感じます。卵(内子、外子)珍しく格段の味です。
北海道原産の毛ガニ、それは、鮮度の高いリッチなカニ味噌こそう
まさの秘訣。育った海が寒ければ寒いほど身がぷりぷりになります
。北海道よりリーズナブルにおいしいものを産地から届けてもらう
なら通販しかありません。
北海道の定番となっているタラバガニとズワイガニは、外見から感
じられるくらい、味についてもだいぶ違うと考えています。身に迫
力を感じるタラバガニは、見るからに美味そうで満腹感が抜群だが
、味は少しだけ淡泊なのだ。

北海道近辺においては資源を保護するために、産地を分けて毛ガニ
の収穫期間を設定しておりますから、一年を通じて漁獲地を回しな
がら、その極上のカニを味わう事が叶います。
一般的に4月頃から7月前後までの期間のズワイガニは特に良いと
有名で、ダシの効いているズワイガニを食べたい場合は、その期間
に買い求めることを推薦します。
ぜひカニの中でもブランドの付いたカニを食べたいというような方
や、おいしいカニを思い切り食べて満足したい。そう思っている方
ならば、ここは通販のお取り寄せが一押しです。
希少な価値のある花咲ガニ、やっぱりいただくなら、なにがなんで
も根室原産もの、これがブランドともいえます。ぼんやりしてたら
完売御免なので、販売中に逃さぬようにしまうのが確実です。
有名なところと言えば根室の花咲ガニに着目すると北海道・道東方
面に生殖するカニでなんと全国でも大人気の蟹です。深いコクと味
わいが特徴の獲れたて・浜茹でのハリのある引き締まった身は極上
です。

「日本海産は贅沢品」、「日本海産はオツな味」という印象は誰も
が持ちますが、穏やかな国カナダの沿岸海域、オフコックとも呼ば
れているオホーツク海、一攫千金を狙う人が行くベーリング海も、
ズワイガニからみて「棲息しやすい領域」と考えられます。
お正月の嬉しいムードに晴れ晴れしさを加える鍋料理をするのであ
れば毛ガニを付け足してみたらいいと思います。一般的な鍋も旨い
毛ガニを入れると、あっという間に華やかな鍋になるだろうと思い
ます。
卵を保持している雌のワタリガニの方が、単なる雄よりも晩品です
。胸の身の部位や極上のミソの部分に関しては、雄と雌に皆が言う
ほどの相違は感じないのだが、卵は最高で味わい深いです。
毛ガニのカニ味噌は、濃い味わいの最高の一品と言えるでしょうね
。甲羅を火であぶり、日本酒を振りかけた後で匂いを拡張しながら
、毛ガニの身と味噌といっしょに口に入れるのも是非トライしてほ
しいです。
カニ全体では幾分小さいタイプで、中身の密度も少々少ないのが毛
ガニのマイナス面ではありますが、身は何とも言えないはっきりし
た味で、カニみそもリッチで「カニ好き」が評価していると思いま
す。