大人気の毛ガニは、水揚げが行われている北海道では良く食べられ
るカニとなっています。胴体に山盛りに詰められている身や甲羅の
内側のジューシーなカニみそを、一回とは言わずいっぱい食べてみ
ないともったいないです。
ダシが出るズワイガニは、カニ下目の内のズワイガニ科に類別され
るカニのひとくくりにした名称で、日本国内では砂泥底に住んでい
るガザミや脚をオールのように動かすタイワンガザミに代表される
、注目されているガザミ属を示す通称名となっているのです。
おいしいかにめしの始まりとして名高い北海道にある長万部産のも
のが、毛ガニ大国北海道でも頂点ということです。毛ガニの通販で
新鮮な味を心ゆくまで楽しんでください。
飛ぶように売れてしまう鮮度の高い毛ガニを味わってみたいならば
、すぐにでもかに通販のお店でお取り寄せするのがベストです。感
動のあまり絶句するはずです。
花咲ガニの特別さは、根室半島(花咲半島)に豊潤に生えている花
咲ガニの主食となる昆布が理由として挙げられます。昆布を摂って
成長した特別な花咲ガニは、旨味をたっぷり蓄えているのです。

よくある毛ガニは、甲羅の大きさが11〜13cm程普の幾分小さ
いカニで、水揚げをスタートした時は、紫色と相似的な褐色となっ
ているのですが、湯がいた後には素敵な赤色に変化してしまうので
す。
ほぐした後のタラバガニの身は、味はそれほど強烈とは思わないの
ですが、かに玉の材料に利用しても料理の味を引き立たせます。ハ
サミそのものは、揚げ物として味わうと、小さめの子供でも大量に
口に運ぶでしょう。
わざわざ出かけなくても質のいいズワイガニをお取り寄せできるっ
てすごくいいですよね。ネットでの通販を使えば、スーパーなどよ
り低価格で手にはいることが結構あります。
ぷりぷりで繊細な甘い身の本ズワイガニこそ、産地直送の通信販売
でかにをオーダーしなければなりません。本ズワイガニを通販でお
取り寄せした際には、大抵の場合どう違いがあるか経験できること
なのです。
景色が綺麗な瀬戸内海で新鮮なカニが何かと言ったら、成長期によ
って住む場所を変えるズワイガニのことで、足の先がひれの型とな
っており、海を泳ぎ抜くことが出来るためこの名称が付けられてい
ます。甲羅幅が13センチより大きい物でなければ水揚げを行う事
が厳禁です。

ボイル済みの花咲ガニの食べ方は二杯酢で、解凍後舌鼓を打つのが
よいでしょう。それ以外にも自然解凍の後そのままではなく、火で
さっと炙り満喫するのも素晴らしいです。
味わうと格別に美味しいズワイガニの旬と言えば、水温が落ち込む
晩秋から春だと言われている。この時のメスは格段にコクが出るの
で、お歳暮などとして扱われます。
茹でると美味しい本ズワイガニの方が、桁外れに旨みがあるだけで
なく精巧で、茹でた後に赤くなる大ズワイガニの方は、淡白である
身が大きめなので、お腹いっぱいになるまで召し上がるには評判が
良いようです。
漁期が決められていますから、ズワイガニの旬と言えるシーズンは
、だいたい冬場が真っ盛りで、シーズン的にもギフトや、おせちの
種として喜ばれているわけです。
強いて言えば殻は軟弱で、扱いやすいということもおすすめポイン
トです。ズワイガニを発見した時は、何が何でも蒸すか茹でるかの
いずれかで口にしてみたらいかがでしょうか?