国立公園となっている瀬戸内海でみんなが知っているカニが何かと
言えば、様々な種類で有名なズワイガニのことで、足の端がひれの
体裁となっている上に、海を泳いで渡ることができるということで
この名前となっています。甲羅幅が13センチ以上でなければ収穫
する事が許可されていません。
冬と聞くとカニが絶品な季節ですが、山陰地方を住処にしている松
葉ガニと同様に人気なのが、瀬戸内海沿岸のコクのあるズワイガニ
です。実際の名目はガザミと呼ばれ、最近では瀬戸内で誰もが知っ
ているカニとされているのです。
人により「がざみ」と言われたりする見事なズワイガニは泳ぐ事に
慣れていて、季節によっては増殖地を変えます。水温がダウンする
ことで甲羅がコチコチとなり、身が引き締まった秋後半から夏前ま
でが最盛期だと言われております。
寒くなると恋しくなるタラバガニとズワイガニは、外見と同じよう
に、味的にもすごい差異がある。大きな体が特徴のタラバガニは、
とても美味しそうで満腹感が素晴らしいと言えますが、味に関して
はちょっとだけ特徴ある淡泊
ズワイガニは、たくさんのグルメとして食することが望めるものと
なっています。チャーハンを作ったり、ご飯に合うから揚げとかあ
ったかい鍋や味噌汁もおすすめだ。

何はさておきお得な価格で鮮度の良いズワイガニが注文できるとい
うことが、通販で扱っているズワイガニのわけあり品に関して、最
も魅力的な点なのです。
出かけなくてもあのズワイガニをお取り寄せできるとは楽ですね。
通販のネットショップでしたら、他に比べて安い値段で手元に届く
ことが結構あります。
お正月の幸せな気分に華やかさ演出する鍋料理を調理するつもりな
らば、毛ガニを加えてみたらどうかなと思っています。よく食べて
いる鍋もダシの効いた毛ガニを加えるだけで、突然にボリュームの
ある鍋に変化するはずです。
たまには奮発して自宅のテーブルを囲んで獲れたてのズワイガニも
いいのではないでしょうか?食べに出かけたり旅館に行くのと比べ
たら通信販売で頼めばかなり低めの経費で済みますよ。
カニファンから強い支持のある旬の花咲ガニ、その味と言えば深い
コクと風味が特徴的ですが、特殊と言ってもいい香りがあり、他の
カニと見比べた場合はっきりとした磯の香りがきつい。と感じる方
もいるかも。

獲れたては体の色は茶色でありますが、茹でられると鮮やかに赤く
なり、咲き誇る花みたいな風貌になるというわけで、花咲ガニの名
前の由来になったというのが一般的な説だそうです。
北海道で取られている毛ガニは、国外産の品と比べてみると風味が
見事であなたも大満足のはずです。販売価格は少々値が張りますが
、何かがある時にお取り寄せするのなら、美味な毛ガニを味わいた
いという気持ちになるでしょう。
新鮮な毛ガニを通信販売にて買いたいと思いついても、「ボリュー
ム」、「活きたまま・茹でて」など、どうやって選択するのか迷っ
ている方もいらっしゃることでしょう。
この花咲ガニは他のカニの中でも数そのものがとても少ないので、
漁猟期間が7月、8月、9月のみで、それにより、食べるならこの
とき、という旬が9月から10月のみと短いのが特徴です。
カニのチャンピオンともいえるタラバガニと張りえるほどのボリュ
ーム・満足感、タラバにはない豊かな風味を追い求める人へ最も満
足していただけるのが、根室市が漁獲地の花咲ガニ、これで決まり
です。